人は天下の神物なり  心神を傷ましむることなかれ

平成23年5月5日、河合真如著「倭姫」を出版させていただきました。

 

倭姫命は、約二千年前に垂仁天皇の皇女として生まれ、天照大神をお祀りする新たな宮地を求めて、倭から伊賀・近江・美濃などを巡られ、最終的に次のようなご神託を受けて、伊勢の地に皇大神宮を創建された方です。

 

この神風の伊勢の国は、

常世の浪重浪帰する国なり。

傍国の可怜国なり。

この国に居らむと欲う。(「日本書紀」より)

 

本書「倭姫」は「倭姫命世記」、「古事記」、「日本書紀」などを参考としながら、神話などの神道的なエッセンスを盛り込んで象徴的にドラマ化した神道ファンタジーです。